プラチナカードの特徴は大きく分けると2つあります。まず一つ目はローン面で非常に優遇されているところ。カードローンの金利は通常10%以上で、15%前後が多いでしょう。ところがプラチナカードのローンになると低いところでは3%の金利からあります。なのでローン面では非常に優れていることがわかります。また金利だけではなく借りることができる金額の限度額も高くなっていて、より自由度の高い買い物を楽しむことができるのもポイントになっています。もしも普段からカードローンを利用している場合や高額な買い物をしている場合、プラチナカードはとても優れたカードと言えるでしょう。ただしその分、年会費が高いというちょっとしたデメリットもあります。

例えばゴールドカードの場合、年会費は高くても1万5千円くらいでしょう。2万円かかることは滅多にないと思います。ですがプラチナカードになると5万円以上の物も多く、中には年会費が10万円以上、という場合もあるようです。これを理由にゴールドカードからプラチナカードにアップグレードしない方も少なくはないです。つまりやみくもにプラチナカードしても得だとは限らない、ということが言えます。もしカードローンを利用するのであれば、仮に年会費が10万円かかっても金利の低さを考えるとお得かもしれません。一方そんなにカードを使わないという場合、年会費を考えると損になってしまう可能性が高いです。だからよく考えて選ぶと良いでしょう。

ローンだけじゃなくサービスもすごいプラチナカード

プラチナカードは「カードローンを利用するんだったら便利なカード」と言われることが多いようです。これは本当で、カードローンの金利を比べるとプラチナカードの右に出るものはいません。ですがプラチナカードの優れている点は何もカードローンだけではありません。意外と知られていないことですが、プラチナカードはむしろそこについている付帯サービスの部分に大きな価値があります。まず海外旅行保険。海外旅行先では日本の保険が使えません。なのでうっかり怪我をしてしまうと治療費に何万円、ひどい場合は何十万円かかります。ですがプラチナカードを所有している場合、プラチナカードに付帯している海外旅行保険を利用することができるので安心です。

それからプラチナカードを所有していると様々なサービスが付帯されています。特定のレストランで料理を半額で楽しむことができたり、会員権を無料でゲットすることができたり、コンサートで特別席を選ぶことができるようになったりします。なので仮にカードローンを利用しない人でも海外旅行へよく行く人であれば非常にメリットのあるカードですし、その他のサービスだってかなり大きな魅力だと思います。中には「プラチナカードはそれ自体よりも付帯しているサービスの方が魅力」なんて言う人だっています。だから「カードローンは使う予定がないし…」と思っている人でも是非、プラチナカードを検討してほしいなと思います。意外と大きなメリットがありますよ。

ローンをするためにANAカードなら年会費を考慮する

学生においてもいろいろな買い物をすることになります。お金はどうするかといいますと、アルバイトをすることで得ることができます。人によっては、勉強よりもアルバイトのほうに精を出しているという人もいるということです。大学生というのは社会勉強の一つになっています。高校のようにアルバイトが制限されているわけではないですから、勉強しながらお金を稼ぐということができることになります。そのお金で遊ぶこともできますし、貯める事もできます。また、留学をしたいということであれば、ある程度の費用が必要になります。そちらのお金を貯めるために仕事をしているという人もいると思います。ですから、お金とは上手く付き合う必要があるということです。

お金を使うということであれば、クレジットカードはもっておきたいということがあると思います。日常的に使わないとしても、ちょっとしたところで助かることがあります。いろいろな保障がついているということもありますし、支払いを行うときにポイントがつくということもあります。それを楽しみにして買い物をするということもあります。インターネットショッピングにおいては、現金支払いよりもクレジットカードの支払いのほうが簡単になることがあります。もちろんセキュリティには気をつける必要がありますが、それを守れば問題はありません。学生生活を有意義に送ることができます。また、どうしてもお金が足りないというときには、ローンを利用することもできます。

そのときどのクレジットカードが良いかということですが、将来のことも考えて、ANAカードを利用するということを考えます。こちらにおいて学生カードというものが用意されています。メリットとしては、在学中においては、年会費がかからないということです。ですから、コストをかけずにもつことができることになります。卒業をすれば、標準的なサービスに切り替えられます。社会人になれば、年会費の負担もすることができるということです。